ブログ

blog

入社7年目で「エルダー」に任命されて(長崎物流センター)

昨年「エルダー」に任命されたO社員の、1年の振り返りをお知らせします。

エルダーって何?と思う人もいると思います。英語でエルダーとは、先輩・年上などの意味です。

当社では、新⼊社員1名に、先輩社員1名を「エルダー」に任命し、1年間新入社員の実務指導や職場⽣活のケアなどをする「エルダー制度」を実施しています

【エルダーO社員の1年の感想(新入社員Kさん)】
初めに、エルダー活動という貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。
自分自身も入社当時は、業務内容や先輩・上司の方々との関係性等で戸惑う事がありました。
そんな経験から、新入社員のKさんには、孤立しないように話しかけたり相談に乗ったり、先輩・上司の仲介役という立場で接しました。
Kさんには、社会人は学生とは違い、自身の言動や行動の責任範囲が大きくなる。社会人としての自覚を持ち、職務に励んでもらいたい事などを伝えてきました。
また、現場作業では、フォークリフト作業の実践的な指導とともに、安全を第一として、不安全な状況や環境を排除してから作業を行う様に指導し、1年間無事故で過ごす事ができました。

当社のエルダー制度は、定期的な上司との面談でフォローが受けられる仕組みだったので、自分では対応が難しい事は上司に相談しアドバイスをもらい、徐々に自分なりに対応できるようにもなって行きました。
昨年4月に、新入社員のエルダーに任命された時は、正直少し面倒くさいなと思っていましたが、1年を振り返ってみると、入社7年目で指導する立場も経験でき、自分も先輩として成長したと実感しました。
今後、Kさんがエルダーに任命された時には、自分の事を思い出して新入社員に接してもらえたらいいなと思っています。

写真左側がエルダー社員のOさんです。右側が昨年4⽉⼊社の新⼊社員Kさんです。

「エルダー制度」は、新入社員の為に作られた制度ですが、このようにエルダーになった社員も会社がフォローする仕組みになっている為、新入社員もエルダー社員も成長ができるという、一石二鳥の制度です。

2人とも、とっても逞しくなりました!

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

Webからのお問い合せ