ブログ

blog

静岡新聞社に、外国人材の取材を受けました。

先日、富士山フロント物流センターで、正社員として働く、座間アウレリオ・マサルさん(ブラジル国籍)が新聞の取材を受けました。

座間さんのお仕事は、荷物の仕分け、出荷作業などの ”フォークリフトマン”です。

今後採用される外国籍の社員たちの、良い見本になって下さる大事な人材です。

 

静岡新聞(2019.2.10)の『安心の社会へ』という記事に掲載されました。

 

 

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

Webからのお問い合せ